2014年02月23日

浙江省でノロウイルスの原因はガロンタンクの水だった

  浙江省の海寧市や海塩県で小中学校・幼稚園などで20日12時までにあわせて511人が腹痛・下痢・発熱などを訴えた事件で、疾病予防コントロールセンターが疫学調査をしたところ、飲み水用ガロンタンクの水によるノロウイルス感染と断定されました。

 水道水が直接飲めない中国では、水道水を生活用水として使う一方で、ウオーターサーバー+ガロンタンクという組み合わせで飲み水を準備することが多いです。ただ様々な業者が製造しているガロンタンクの水質については、以前からいろいろ問題があったのも事実。とくに、今回のケースでは学校施設に設置されたタンクでノロウイルス感染が発生し感染者を増やしてしまいました。幸いにも重症者は出なかったようです。

 しかし、最近は学校でもタンクの水を飲むようになったのですね。私が上海中医薬大学にいたころは、水道水を湧かして飲むことが多かったです。そのため、夜の自習の時間になると、魔法瓶を片手にお湯を持ちながら教室にやってくる学生達ばかりでした。最近、母校を訪れてみるとお湯を提供する装置が各階に設置されていました。そもそも、こちらの水(水道水)が信用できないという不信感もみんなありましたからね。とくに、長江の水が海水の影響を受けやすい時期は水質が劣化しやすく、最近でも上海市崇明島で問題になっていました。

 家庭でガロンタンクを使うときは、なるべく早く使い切ってしまうことが大切です。また、ウーターサーバーは汚染されやすいので定期的に洗浄することも必要で、特に夏場は水の劣化が進みやすいので注意して下さい。


posted by 藤田 康介 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国の健康事情
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88171779
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック