2013年07月30日

午後の発熱感ー猛暑の中の中医学

IMG_5556.jpg

上海は7月26日の13:36〜13:47に上海市徐家匯で1873年観測史上最高の40.6℃を記録し、さらに赤色高温警報が発令されました。今日、27日もお昼に出勤するときにクルマの温度計をみたら41℃を示していました。こう暑い天気がつづくと、もう身体が暑さに対して麻痺してしまいますね。それでも、上海には冬があるので、いつかは気温が下がるという望みがあるのは救いです。

 暑くなってくると、体温調節がうまくいかないという声を時々聞きます。

 先日診察した42歳の女性。平熱は36.0℃前後なのに、7月に入ってから午後に微熱を感じるようになる。体温を測ると37℃前後となり、頭が痛く感じ、胸が痞えるなどの症状もありました。喉の渇きはとくにないが、疲れを感じることが多い。四肢は平素より浮腫みやすい。舌質淡白苔白厚、脈弦細。


 こうした午後に身体が火照りやすいという症状は、夏によくみられます。中医学でも昔から色々な学者が研究しています。清代に書かれた『温病条辨』の有名な条文に「長夏初秋、湿中生熱、則暑病偏於湿者也。」とあります。中医学では、湿は陰性の邪気になるため、湿が身体に留まることで熱が体内に籠もってしまい、午後に熱が出てくるという考え方があります。さらに、湿が気の流れを妨げるため、身体のだるさが顕著になってきます。

 ただし、注意しないといけないのは、陰が不足することで発生する午後の発熱との区別です。もし間違って陰を補う生薬を使ってしまうと、湿を追い出すことが難しくなるからです。

 そんなとき、とても素晴らしい処方が伝わっています。それが、『温病条弁』の「三仁湯」です。処方構成は生薏苡仁・滑石・杏仁・半夏・通草・白豆蔲・竹葉・厚朴となっていますが、とても切れのいい効果を発揮します。処方構成は湿熱を上焦・中焦・下焦から除去しようと考えられていて、本来は湿温病の初期に用いますが、それ以外でも応用範囲が広いと思います。


 さて、上記の患者さんにもこの処方を中心に、多少加減をして使いました。すると、服用1週間で不快な午後の発熱感が解消されずいぶんラクになりました。その後も、再発がないとのことです。


 補足ですが、H7N9型鳥インフルエンザの治療でも三仁湯を使ったという症例報告もあります。湿熱系の治療には欠かせない名処方ですね。

 まだまだ蒸し暑い猛暑が続く上海では、まだまだ活躍しそうです。


posted by 藤田 康介 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 脈案考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71498443
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック