2013年04月05日

4月4日現在の上海のH7N9型鳥インフルエンザ感染者情報

 上海で新たに3例のH7N9型鳥インフルエンザ感染者が4日に発生しています。以下は新華社の報道です。

 52歳女性、上海人。退職者。3月27日に微熱、3月29日に長寧区中心医院の救急センターで治療を受ける。重篤化して4月1日に華山医院に、4月2日に再度華山医院に再度行くも、4月3日に救急処置を受けるも死亡。この患者と接触していた1人が発熱・咳の症状を訴え、上海公共衛生臨床中心で隔離治療中。

 67歳女性、上海人。退職者。3月22日に喉の痛み、咳、痰、身震いをともなう発熱。3月24日に東方医院で診察を受け、3月25日〜27日の3日間は仁済医院で診察を受ける。3月27日に瑞金医院の救急で診察を受け、ICUへ。症状は重篤化。

 4歳男男児、上海人・3月31日に発熱39℃・鼻水。4月1日に第六人民病院金山分院で治療を受け、4月2日に児科病院に転院、現在状態は良好。体温は36℃に。

 また、上海市松江区の瀘準卸売市場のハトサンプルからH7N9鳥インフルエンザが検出され、この市場の家禽類がすべて処分され、消毒された模様。また、中国農業部からの緊急通知により、H7型鳥インフルエンザを検出した閔行区景川菜市場、鳳庄市場を一旦閉鎖して消毒したほか、活きた家禽類の交易を中止しました。

 4日現在、中国では14人がH7N9型鳥インフルエンザに感染し、5人が死亡。いずれも長江デルタエリア。このうち6人が上海で、4人死亡しています。また、子供は軽くすんでいるようでしたが、中高年は概ね重篤化しています。今のところ、人から人への感染は確認されておりません。

 ただ、タイミングが悪く、現在は清明節の休みで、地方に出かけている人も多いはず。田舎に行くと、必然的に家禽類に接触するチャンスが増えるし、また上海人は活きた鶏・アヒルなどを料理して食べる食文化。食文化を根本的に変えてしまわないと難しい問題ですね。


posted by 藤田 康介 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国の医療事情
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64477304
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック