2013年01月25日

中国の「精気神」ブランドの豚肉

 今朝の上海のAQIも250越えで重度の汚染。今の段階での子供たちの屋外での運動はやめましょう。

0124366.jpg

 中華料理に欠かせない豚肉。肉の種類が限られている中、日常の食卓で豚肉を使うという人も多いかと思います。上海ではみなさんどこの豚肉を使っておられますか?


 なんせ、私も妻もわけ分からん食材が使われている外食は嫌いで、極力自宅で食べるようにしているのですが、それだけに食材に関しては結構うるさい。家で食べるのなら、やっぱり良い食材で料理したいものですね。

 以前、このブログでも「愛森」がいいと書いたこともありましたが、最近、カルフールなどでも登場している精気神というブランドの豚肉もなかなかいけます。さっそく、ワンタンやしゃぶしゃぶにしてみたのですが美味しかったです!水炊きにしても、豚肉特有の臭みがありません。ただ、値段もそれなりで、「愛森」の豚肉の倍はします。でも、それだけのお金を払う価値があるかと思います。

01253.jpg


 彼らの豚肉作りのこだわりはいいと思います。飼料に抗生物質などケミカルなものを一切使わず、トウモロコシや大豆、野菜などで1年かけて育っています。そのため、肉をみたら分かりますが、脂肪分の付き方が違うんです。中国の農村でみる豚肉のように、脂肪分が厚い。また通常は長くても半年ぐらいで出荷される豚肉を、1年かけて育てているというのもすごいと思います。黒豚が吉林省の山の中で自由に動き回って育てられた豚肉なのです。

 さてさて、精気神というブランド名は、中医学をしているものからすると、かなり挑発的なネーミングです。(^_^) 人の「三宝」とも呼ばれる精気神は、人の根本を形成するもの。ある意味、企業の豚肉作りへの意気込みが伝わってきます。今後も、安全で美味しい豚肉を提供して欲しいと期待します。

【データ】精気神
HP:http://www.ejqs.com


posted by 藤田 康介 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国の医療事情
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61702557
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック