2012年04月17日

痩せていても脂肪肝に注意を

 中医学の養生では、春は肝関係があるという話題をしますが、それ以上に気にして頂きたいのが西洋医学の脂肪肝の問題です。
 中国の食生活から十分に予想がつくかと思いますが、ここ20年来、上海では脂肪肝が増えています。

 中国に駐在にきている日本人も、数年後には体重が増えてしまって健康診断で脂肪肝と言われている方を多く発見します。比較的、中医学や漢方医学が改善に力を発揮できる分野でもありますが、その根本を治すにはやはり自分自身の生活を見直すことが最も大切です。薬を飲めば治せるというほど簡単ではありません。

 以前の中華料理と違って、今の外食での中華料理は、脂肪と動物性タンパク質のかたまりです。さらに、夜までカラオケなど不規則な生活も影響を与えています。決定的なのは運動している人が少ない。生活習慣を改善させず、脂肪肝を放っておくと、肝細胞が損傷し、肝臓の繊維化がはじまり、場合によっては肝硬変や肝臓癌に発展する可能性があります。

 現在、中国全体では、脂肪肝の発生率は30%前後といわれていますが、サラリーマンやOLなど、いわゆる「ホワイトカラー」になると、50%前後にまで上昇するようです。また、アルコールの過剰摂取によるアルコール性脂肪肝は、脂肪肝患者の6%前後占めると考えられています。また、アルコール性肝炎や肝硬変の70%以上は、脂肪肝があるといわれています。

 こうした脂肪肝の大部分は、食べ過ぎや運動不足、さらに体重の増加などが原因で、いわゆるメタボ的なアプローチとなりますが、近年時々見かけるのは、過剰なダイエットによる脂肪肝です。どんな方法であっても、急速で無理なダイエットは控えるべきなのですが、過度なダイエットは、一時的に体に栄養不良状態をもたらし、血液中の遊離脂肪酸が増加、これが肝臓に運ばれて脂肪肝になるというものです。

 肥満などが原因の単純性脂肪肝なら、食べ物を節制して禁酒し、毎日8000〜10000歩の運動をすれば半年〜1年で自然に治ることが多いといわれています。しかし、重度の脂肪肝の場合はそうは行かないので、病院で治療を受けて下さい。特に、体がだるいとか、お腹に膨満感がある場合は、エコーを受けてみて下さい。

 また、日々接待漬けで苦しんでいる方も、とにかく飲む量・食べる量は腹7分目にして、食べ過ぎないことは非常に大切です。
posted by 藤田 康介 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国の健康事情
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55354931
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック