2010年05月20日

五穀と中医学

 中国で生活している、五穀を食べるチャンスが多いと思います。何を五穀というのかは、時代によって定義がちがいますが、『黄帝内経』に書かれている「五穀為養」の発想からいうと、あらゆる穀物を摂取しましょうということに繋がるようにも思います。

 ここでは、中国や日本でもよく食べられる五穀、粟・小麦・米・大豆・コウリャンについて見てみます。

 まず、粟ですが、一説には五穀の中のトップとも言われることがあります。中国語では小米とかくので、よく悪口などにも使われるのですが、効能自体は豊富で、おかゆなどにもよく入れます。主な効能としては、中医学でいう脾・胃の働きを整える作用があります。特に胃腸が弱い人にはお勧めで、お粥としても重宝されます。中国では、粟のお粥の上澄み部分に有効成分が集まっていて体にいいとされています。

 そして、小麦も大切です。生薬でも更年期障害や自律神経失調症などによる汗かき、ヒステリーなどの治療にも使います。汗かきには生薬では浮小麦を処方します。これは、小麦を水に浸けて浮いてきたものを指します。小麦は、秋に種をまき、冬に一旦成長が止まり、春になると葉が伸び、夏に実るという四季の変化を取り入れているため、五穀の中でも重宝されます。皮のついたままの小麦はお粥にもします。精神を安定させ、イライラの解消に役立つとされています。

 我々がもっともよく食べるお米は、陰を潤す作用があるといわれていて、主に肺・胃にいいとされています。

 大豆は、例えば黒豆だったら腎を補います。体を元気にし、解毒や皮膚を潤す作用も言われていますが、中国では豆乳としてもよく飲みます。牛乳よりもむしろ豆乳の国ですから。上海でも畑にいくと、畦などに大豆が植えられています。黒豆の豆乳もなかなか美味しいです。

 コウリャンは、大豆同様に雑穀に分類されることが多いですが、中医学でいう肝を補うとされており、胃の働きも整えてくれます。さらに、慢性の下痢にもいいとされています。

 こう見ると、五穀は五臓をそれぞれ補うことができるので、バランスよく摂取できたらいいというわけです。
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中医学の薬膳・医食同源の世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38455569
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック