2010年04月27日

干ばつの影響

 雲南省や四川省で深刻な干ばつになっていることは、ニュースでも話題になっていますが、上海で生活している限り、あまり気がつきません。しかし、中医学や漢方の世界では、じわじわと影響が出始めています。農作物でもある生薬の値段が、明らかに上昇し始めているのです。

 中医薬の値段の変動は、伝染病の流行などとも関係があり、例えば新型インフルエンザの流行のときもそうでした。抗ウイルス作用があるといわれている清熱解毒系の生薬が高騰、金銀花が4倍以上に、板蘭根も4倍以上に値上がりしました。しかし、今年は流行が落ち着いたあとも値上がりが落ち着きません。

 その最大の理由が、干ばつによる天候不順です。今では、山査子なども値上がりしています。

 とくに、四川省や雲南省が特産地である天麻・田七・紅花の値上がりが顕著です。田七は2年かけて収穫されるので、深刻な影響が出てくるのには、もう少し時間がかかりそうですが、それでも5倍に値上がりしています。
 田七は臨床ではあまり使わないかもしれませんが、紅花はそうは行きません。活血化瘀作用のある生薬として日々よく使うだけに、紅花が倍以上に値あがるのはきついです。こちらは、雲南省の干ばつの問題以外にも、新疆エリアの大雪の影響もでています。

 生薬を取り扱っている以上、天候との駆け引きは致し方ありませんが、生薬市場の動向が気になる今日この頃です。
posted by 藤田 康介 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 生薬・漢方薬・方剤・中成薬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37399732
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック