2014年11月04日

安徽省で見つけた薬草「前胡(のだけ)」

  地域によって栽培に適した薬草があるわけですが、先日出かけた安徽省寧国あたりの山では、前胡(ぜんこ)が栽培されていました。
 そもそも野生の前胡がここの山々で多く見られていて、栽培するにも当然ふさわしいということですよね。日本語では「のだけ」と呼びます。

IMG_3347.jpg

 今年の秋口の咳は、咽が痛かったり、咳が止まらなかったりといった症状の方が多かったのですが、そんなときも前胡は大活躍しました。

IMG_3348.jpg

 地元の農家でも、感冒のときに前胡を使うと言っていました。

IMG_3372.jpg


 この日、山にはいると傘のような形で、白い小さな花がいたるところに咲いていました。ちょうど秋に花を咲かせます。前胡には白花前胡と紫花前胡があるのそうですが、ここで見かけたのは白花前胡でした。丈のあまり高くないのが良質だそうで、中医学や漢方の生薬としては、根っこの部分を乾燥させて使います。修治させると、鍋で炒めた炒前胡、蜂蜜で炒めた蜜前胡などもあります。

 主な性質は、苦・辛・微寒。
 主な効能は、疏散風熱・降気化痰。外感の風熱、肺熱痰鬱など黄色の粘っこい痰が多いときに使います。

 前胡とよく似た名前で、柴胡があります。
 まったく別の植物なのですが、一緒に使うことも多いです。処方箋でも柴前胡(各)とダブルで書くことも多いです。
 咳はそもそも気の上下の乱れでおこるわけですから、気を上向きにうごかす柴胡と、気を下向きに動かす前胡を同時に使うことで、気の動きを上下に整えるのにふさわしいということになります。現代薬理学でも、袪痰作用などが確認されていますが、前胡も半夏などと組み合わせて痰をとるという処方もあります。

 とはいえ、同じ感冒でも、寒さ系では使えないのでご注意を。

 しかし、このあたりを歩くと、自然がまだまだ豊富で、日常使えそうないろいろな薬草に出会いました。詳しくはおいおい。

IMG_3395.jpg

東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 生薬・漢方薬・方剤・中成薬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105242711
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック