2014年06月27日

6月27日から久しぶりの東京滞在でした・日本東洋医学学会学術総会へも

 日本東洋医学学会の学術総会に参加するため、6月27日から上海を飛び出し、東京にやってきました。

 曇り空で若干雨模様だった上海で、東京の晴天と青空を期待しましたが、さすがに梅雨時。如何にして大雨を防ぐかという問題のほうが大変でした。

 上海浦東ー成田便は今日も満席。1日13便も飛んでいるのですが、利用者は好調なんですね。羽田が1日4便飛んでいますから、1日17便も上海ー東京の飛行機があるのです。この数字を見るだけでも、日中間の関係が如何に親密になっているか分かりますよね。圧倒的に多い中国人の団体観光客。日本人ツアー客はすっかり姿を消していますが、でもビジネスマンはとても多い。政治家の皆さんはこういった現実を見た上で政策を考えて欲しいと思うわけです。

IMG_9591.jpg

 さて、今回の第65回日本東洋医学学会学術総会は、会場は有楽町にある東京国際フォーラム。とにかくでかい会場でした。それぞれのテーマで会場も分かれているので会場内を行ったり来たりするのも大変。でも慣れたころには学会は終わってしまいます。(^_^)

IMG_9593.jpg

 日本漢方を代表する学会として、日本東洋医学学会の果たしている役割はとても大きいのですが、その分含まれる範囲も大きく、臨床家の一人として参考になることも多いです。ただ、今回のテーマが「アートの復権・人間的な医学・医療を求めて」となんとも壮大で、とくに「アート」に関してはどう捉えるべきなのか、少し考えてしまいました。

DSC00387.jpg

 それはともかく、午前中に上海を出発したらお昼過ぎには東京で活動ができる。この便利さはいいですね。開会式や伝統医学臨床セミナーにも間に合いました。スカイライナーの貢献も大きいです。

★6月27日に勉強した内容

 1.診療のこつ 松田邦夫先生

   「漢方の勉強は難しいとよくいわれるけど、まずは定石を覚え、その後定石にとらわれない治療をこころがけたい。」まさしくその通りで、中医学もまた然り。大塚敬節先生の例を挙げながら、とてもいいおはなしでした。中医学の場合、教科書という定石があり、それを我々は大学のころから一生懸命勉強してきたわけです。ただ、私が思うに、日本漢方も漢方薬を使う前に、まず運動・食事などの生活習慣の見直しにも力を入れるべきだと思います。これこそが漢方の特色をもっともよく発揮できる分野だからです。本に書くだけでなく、医者も含めて実践すべきです。

 2.「診療のコツ」ここがポイント 二宮 文乃先生

 アトピー性皮膚炎など皮膚疾患に対する考え方について。日本漢方の肝気のとらえ方と、中医学とは若干違うのですが、そのあたりの区別や、皮膚疾患を皮膚経脈障害ととらえて治療する方法など。ただ、原則として身体の全体を捉えることは、皮膚疾患といえども同じだです。

 3.再び甘麦大棗湯について 中川 良隆先生

 この処方は、私もよく使いますし、またとても使いやすい処方でもあります。原文にある「象如神霊所作、数欠伸」に注目され、いろいろな経験をご紹介くださいました。

 4.アートも立派なEBMだった

 日本では漢方が使われて久しいけど、漢方薬そのものの売り上げは医薬品全体のたった1.4%しか占めていないのだそうです。これにはびっくり。それだけ新薬の値段が高いと言うことなのでしょうか。「脈診による血圧測定」という発想は興味深かったですが、中医学的な立場から行くと、まったく違った概念なので正直ちょっと困惑しましたが、話を最後まで聞いたら納得しました。

 つまり、臨床経験やカンから得られたものも立派なEBMであろうという結論はある意味そうあってほしいとも思いました。そうなければ、伝統医学の科学的裾野はなかなか広がらないからです。一つの考え方として参考になるかもしれません。

 夜は新宿でホリスティック医療で様々な本も出版されている大塚晃志郎先生と食事。結構外国人にも人気な「ほうとう」のお店があるんですね。先生との久しぶりの再会に話は尽きませんでした。

 最近東京にいくことがあまりなかったので、今回は連日多くの先生方と会う予定で、とても楽しみです。

東和クリニック・中医科での担当スケジュール

 
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101578526
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック