2016年05月31日

大気汚染だというのに減らない中国の喫煙人口

IMG_5451.jpg
(食事はタバコが欠かせない上海人)

  中国疾病予防コントロールセンターが発表した、中国の喫煙者人口は5年前と比較してなんと1,500万人増加の3.16億人に。さらに、1日あたりの平均喫煙量も前年比1本増加の15.2本に。男性の喫煙率は52.1%、女性の喫煙率も27.7%と一向に減少する気配もありません。ちなみに、中国では18歳で成人と見なしますので、そこから合法的にタバコを吸っても良いことになります。

 これだけ中国で大気汚染が言われていて、大気汚染時の喫煙はさらに肺へのダメージを高めるとまで言われているのに、気にかけてることもない様子ですね。そういえば、大気汚染でN95マスクをしているくせに、タバコを吸っている強者も上海の街角で見たことがあります。そこまでタバコに未練があるわけなのでしょうか。

 中国政府も禁煙に躍起になっているのがよく分かります。公共の場所ではタバコ禁止、高速鉄道も喫煙ルームもないし、全車禁煙。だけど、駅などではトイレなどでタバコを吸う人が後を絶たないし、禁煙と書いていても待合室で堂々とタバコを吸う人もいる。受動喫煙が問題になっているのに、街角でタバコを吸う人も多い。街を歩いているときに、前でタバコを吸っている人を見かけたら、なるべく先に追い越すようにしています。

 さらに、農村に行けばタバコを吸う人も割合はもっと増えます。農村では女性の喫煙はあまり見かけませんが、男性は殆どタバコを吸っていますし、上海など大都会では逆に女性の喫煙者をよく見かけますように思います。

 まあ、日本もあまり人のことを言えません。先日、ある禁煙していない居酒屋でPM2.5値を測定したら、300〜400㎍/㎥でしたし、喫茶店など飲食店の禁煙率も非常に低いのが現状。ちなみに、分煙程度では全く意味ありません。
 上海で言う「重度汚染レベル」の中で働く若い従業員の皆さんが気の毒です。1日中その煙の中で仕事をしているわけですから。

 鉄道でも、近鉄特急もいまだに喫煙車がありますし。

 総じて、アジアは喫煙に寛大なのでしょうか。

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国の健康事情

2016年05月19日

ダイアモンド・オンライン インタビュー記事「次は「爆医療」!?中国庶民の健康意識が様変わり」

91468 (3).jpg

 先日、ジャーナリストの中島恵さんのインタビューを受け、その記事が2016年5月19日のDIAMOND onlineに紹介されました。
タイトルは『次は「爆医療」!?中国庶民の健康意識が様変わり』ということで、上海における現代の上海の医療状況について、私自身の専門である中医学を通じてお話させていただきました。5,000字を越えるインタビューを受けたのは久しぶりです。

IMG_4702 (4).jpg
 
 中島さんとは、このインタビューが初対面だったのですが、我が家の近くの地元食堂で数時間にわたってお話してしまいました。さすが、中国各地を長年取材でまわっておられる方だけに、質問されるテーマも素晴らしかったです。

 インタビューを受けることで、自分自信を見直す良いチャンス。楽しいひとときをありがとうございました。

 しかし、この記事がヤッフーのトップに顔写真入りで登場したので、びっくりしました。おかげで色々な方に読んでいただき、光栄です。

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の活動