2015年11月07日

中国の長寿地図、やっぱり温暖湿潤な地方のほうが長寿か?

IMG_2098.jpg

 2015年10月に中国科学院地理研究所から発表された長寿地図。ネットでも紹介されているのでご存じの方も多いはず。

 これによると、長寿な人(100歳以上)の分布は省別に、

(1)海南
(2)上海
(3)広東
(4)広西
(5)福建
(6)江蘇
(7)山東
(8)浙江
(9)河南
(10)四川

 となったらしい。

 相変わらず、上海は長生きエリアですね。2014年度の平均余命は82.29歳(男性80.04歳、女性84.59歳)でした。同時に高齢化が著し大都市でもあります。中国のハワイと言われている海南島もすごいですね。

 これをみると、上海を中心とする長江デルタエリア、広東省を含む珠江エリアなど沿海部南部、もしくは標高があまり高くないエリアや平地などに多いことが分かります。さらに、気候は温暖であり、降水量が多く、大河にも恵まれています。また、山間部に行くと良い空気にも出会うことが難しくありませんし、海岸エリアなら海風の影響で大気汚染の影響軽減に役立ちます。一方で、中国東北エリアなど寒さがきつく、空気が乾燥しているエリアでは長寿の人が相対的に減るようです。厳しい気候条件の影響もあるのでしょうね。さらにこうしたエリアをみると経済的な発展とも大いに関係あるのではないでしょうか。

 長寿の秘訣は人によっていろいろだと思います。もちろん遺伝子そのものの影響もあるでしょうが、うちの妻方の親戚筋も結構長寿家系で、詳しく見てみるとこれも指摘があたっていると思いました。

1.良質な睡眠(とにかくしっかり寝ている)
2.(人に嫌われても)くよくよしないでマイペース
3.(体調不良と言いつつも)食欲旺盛で肉も魚も野菜も何でも食べる

など色々な共通点が見当たります。

 水の要素も大切ですね。
 日本の厚生労働省が、健康のために水を飲もう!と紹介していましたが、日本みたいに水が水道水からも飲めて、水資源が豊かであればいいですが、中国では北方エリアや内陸エリアを中心に水不足が深刻で、それに伴う疾患のリスクも大いに高まります。中国の長寿エリアでは水が相対的に豊かであることからも分かると思います。

 このような背景をみてみると、日本の生活環境は恵まれていますね。長寿の人が出やすい土台があるわけです。あとは、どうやって老後を健康かつ快適に過ごすか?ですね。そしてカゼも含めた、病気にかかる回数を如何に減らすか?といった工夫も必要ではないかと思います。

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国の健康事情

2015年11月06日

日本東洋医学会関西支部例会、今回は立派な会場でした

IMG_1729 (1).jpg

 10月27日は、日本東洋医学会関西支部例会が大阪駅近くのグランフロント大阪であり、ちょうど私も出張に日本にきていたので一本発表してきました。今回は例年以上に400人以上の参加者があったそうで、昨今の東洋医学に対する日本での関心の高さを知ることができます。

IMG_1724.jpg

 私は今回は、我々が上海で取り組んでいる様々な「未病を治す」プロジェクトのうち、上海市など中国の衛生当局が力を入れている項目について、昨今の動きを発表しました。

IMG_2143.jpg

 これがまた立派な会場で、大きなスクリーンもあり、とても良い場所を選ばれたものだと感心しました。

 どの先生方の講演も興味深かったのですが、とくに特別講演をされた日本医科大学の高橋秀実先生の「漢方薬の解表作用によるlipid raftの解除とアレルギー・感染症の治療」のお話は興味深かったです。アレルギー症状を改善するために、解表作用のある薬草がどういうメカニズムで働くのかという話でした。

 日本の東洋医学会でも、最近は中医学を勉強される先生方が少なくありません。そうした旧知の先生方との交流も参加する楽しみです。もちろん、会終了後の懇親会も多いに盛り上がりました。

IMG_1741.jpg

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の活動

2015年11月01日

雑誌『壮快』2015年12月号

IMG_1660.jpg

 先月号に引き続き、シリーズでインタビューを受けました。「癌でもなかなか死なないひとになろう」の第2弾。

 具体的にどういうことをするべきか、中医学という伝統医学の立場から紹介したのですが、これは私が日頃患者さんに出会って気づいたことばかりで、やっぱり共通点が多いのです。

 よかったらご覧ください。

IMG_1659.jpg

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の活動