2014年11月20日

上海日本人学校の進路座談会「地域マイスターに学ぶ」に参加して

 11月20日に行われた上海日本人学校の中学2年生向けの進路座談会「地域マイスターに学ぶ」に、講師として参加してきました。

IMG_3808.jpg

 日本人学校では、浦西キャンパスでPTA対象の講演会は2011年にしたことがあるのですが、浦東校でははじめて。というか、毎日出勤時に前を通っているのに、キャンパスのなかに入るのも初めてでした。

IMG_3806.jpg

 これまでも中学生対象にした授業は、かなり以前にこちらの公立中学校で日本語を教えたことがありますが、これは現地中国人で中国語でした。

 今回は、日本語での授業だし、さらに自分の専門である中医学がテーマなので、張り切ってスライドを準備しました。

DSC00404.jpg

 何人か以前に診察した患者さんも生徒さんの中に居られ、それ以上に皆さん熱心に私の話を聞いてくださり、私も思わず熱が入りました。自分の中学時代を比較すると、すばらしい環境だなあと感じました。

 
 私がこの世界にはいったきっかけ、中国の大学・大学院の様子、中国式勉強法の特色、薬草や鍼灸のお話もしました。地鱉虫(サツマゴキブリ)などは実際に持っていってじっくりと見てもらいました。(^_^)

 そもそも身の回りにいる薬草や昆虫たちが薬になってしまうのは、とてもすばらしいことだと思います。これが好きで、私も月に1回は時間を見つけて中国の薬草探しにでかけています。この感動が生徒達にもすこしでも伝わったかどうか。。。。

DSC00413.jpg

 あまり難しい話しにならないように、また将来、この子供たちのなかでだれかが中医学や日本漢方に携わってもらえたらという思いをもちつつ、2コマ喋らせていただきましたが、こういう中学校の取り組みは素晴らしいと思いました。

DSC00419.jpg

 思い起こせば自分の中学時代は、学校が暴力沙汰で荒れていたし、高校に入るぐらいまでは、自分の将来を真剣に考えるチャンスはあまりなかったように思います。幸い、上海ですと、進出している企業も多いですし、あらゆる分野のプロフエッショナルのお話を聞くチュンスがあります。これはある意味、恵まれた環境だと思いました。

 日本人学校の先生方にはいろいろお世話になりました。この場を借りてお礼申しあげます。

 今年から来年にかけては講演が多い年になりそうです。すでに来年の夏頃の予定も入ってきました。色々な分野の方々との交流も楽しみです。張り切って準備していきたいと思います。

東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の活動

2014年11月18日

中医塾第1回 秋の養生

IMG_4043.jpg
 Chinese Lifeの代表で、茶芸師の大高先生からのご依頼もあり、これから月1回のペースで中医塾を開催することになりました。最近、中国人も含めて上海では健康ブームが続きますが、以外と中医学をからめた養生文化の知識が知られていないのが現状です。そこで一度そうした智恵を整理してみようというのがこの「中医塾」の目的でもあります。
 また、私もこうやって一般の人の前でプレゼンすることで、いま中医学に対してどういうニーズがあるのか再認識する良いチャンスだと思っていますし、病院にいかなくても体を元気にできる中医学の智恵をぜひ知って頂きたいと思うわけです。
 第1回は中医学の養生を知る意義と目的、そしてちょっと時期はずれになりましたが秋の養生方法をご紹介しました。

場所:上海市長寧区栄華東道98号維多利亜大厦
時間:次回は2014年12月9日AM10時より1時間30分程度
費用:150人民元
参加予約必要:18918248339(Chinese Life 周)
使用言語:日本語
※毎回満席になっておりますので、お早めにご連絡ください。

東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の活動

2014年11月04日

安徽省で見つけた薬草「前胡(のだけ)」

  地域によって栽培に適した薬草があるわけですが、先日出かけた安徽省寧国あたりの山では、前胡(ぜんこ)が栽培されていました。
 そもそも野生の前胡がここの山々で多く見られていて、栽培するにも当然ふさわしいということですよね。日本語では「のだけ」と呼びます。

IMG_3347.jpg

 今年の秋口の咳は、咽が痛かったり、咳が止まらなかったりといった症状の方が多かったのですが、そんなときも前胡は大活躍しました。

IMG_3348.jpg

 地元の農家でも、感冒のときに前胡を使うと言っていました。

IMG_3372.jpg


 この日、山にはいると傘のような形で、白い小さな花がいたるところに咲いていました。ちょうど秋に花を咲かせます。前胡には白花前胡と紫花前胡があるのそうですが、ここで見かけたのは白花前胡でした。丈のあまり高くないのが良質だそうで、中医学や漢方の生薬としては、根っこの部分を乾燥させて使います。修治させると、鍋で炒めた炒前胡、蜂蜜で炒めた蜜前胡などもあります。

 主な性質は、苦・辛・微寒。
 主な効能は、疏散風熱・降気化痰。外感の風熱、肺熱痰鬱など黄色の粘っこい痰が多いときに使います。

 前胡とよく似た名前で、柴胡があります。
 まったく別の植物なのですが、一緒に使うことも多いです。処方箋でも柴前胡(各)とダブルで書くことも多いです。
 咳はそもそも気の上下の乱れでおこるわけですから、気を上向きにうごかす柴胡と、気を下向きに動かす前胡を同時に使うことで、気の動きを上下に整えるのにふさわしいということになります。現代薬理学でも、袪痰作用などが確認されていますが、前胡も半夏などと組み合わせて痰をとるという処方もあります。

 とはいえ、同じ感冒でも、寒さ系では使えないのでご注意を。

 しかし、このあたりを歩くと、自然がまだまだ豊富で、日常使えそうないろいろな薬草に出会いました。詳しくはおいおい。

IMG_3395.jpg

東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 生薬・漢方薬・方剤・中成薬