2012年04月16日

中国南方で手足口病が増加傾向、発疹以外の症状にも注意を

0417011.jpg

 中国衛生部では、天気が暖かくなるにつれて、子供の手足口病の患者が増えてきているとして注意するように呼びかけています。また広東省では、重篤患者の死亡例も出始めています。広東省の場合、2012年に入っての手足口病の報告症例数は3万例で、前年よりも明らかに多い状態です。また、重篤患者に関しては、手足に発疹がでる典型的な症状がはっきりしないこともあり、医療関係者や父兄に注意を呼びかけています。

 手足口病は一般的に、7歳以下の子供に多いのですが、重篤化しやすいのは3歳以下の場合で、5日間ほど発熱が続き、元気がなく、嘔吐や手足の震えに冷え・痙攣を伴うなど神経性の症状が出てきたら、必ず専門の病院で診察を受ける必要があります。発疹以外でも手足口病の重要な症状になることがあります。手足口病のウイルスは、複数の腸のウイルスによるものですが、その中でも今年はエンテロウイルス71型(EV71型)が多く、これが中継神経系合併症を起こしやすく、神経原性肺水腫や肺出血などの症状を引き起こし、重篤な場合は死亡してしまうということです。

 一般に、手足口病は2〜3年に一度のピークがあり、2008年と2010年に中国で大流行しました。2008年は、私は復旦大学附属児科医院で研究していましたが、患者さんが外来の待合室に入りきらず、道路まで行列ができていたのを覚えています。大部分の手足口病は軽く済むとはいえ、決して侮れない病気でもあるのです。

 手足口病の流行は、春と秋にありますが、特に5〜8月は中国では多く発生しており、より注意が必要です。また、今年は春先雨が多かったため、ウイルスが増殖しやすい環境がそろっていたとも言われています。さらに、子供に発病しやすいのですが、親がキャリアになっている場合もあり、親子共に予防に励む必要があります。

 人混みにあまり行かない、手洗いをしっかりとする、部屋の通気性をよくするなどが基本事項ですが予防には非常に重要です。
posted by 藤田 康介 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝染病と闘う