2012年01月29日

肺癌と中国の大気汚染問題

 春節の連休中は、天気が今ひとつだったこともあり、上海の大気汚染は体感的にもマシだったようですが、ただ、スモッグの問題に関してはまだまだ解決されていないことが山積みで、中国在住者にとっては頭が痛い問題です。

 中国では近年、肺癌患者がものすごいスピードで増えてきています。その数は、30年前と比較して4.5倍以上の増加ともいわれています。中国国内で討論されているのには、ここ数年で喫煙者の数が急増しているわけではないのに、なぜ肺癌患者の数が増え続けているのかという問題です。

 そこで、北京・上海などの大都市で注目を集めてきているのが、PM2.5(particulate matter)の数値で、空気中に漂っている2.5ミクロン以下の微粒子による健康への影響問題です。この中には、鉛やカドニウム、マンガン、クロームなどの有害金属も含まれています。直径の大きなPM10やTSPの粒子に関しては、気管で沈着できても、PM2.5となると、直接肺胞にまで入り込んでしまうため、その脅威は計り知れません。政府もやっと規制に動き出してきました。

 PM2.5の発生源はクルマの排ガスであったり、工場から出るものであったりするわけですが、上海市内には現在24箇所の観測点があり、現段階では何れも基準値をクリアできていません。上海だけでなく、PM2.5による汚染の深刻さは、北京とその周辺の場合だとアメリカの基準値の5−6倍、南方の都市圏で2−4倍程度は越えていると言われています。(『新聞晩報』報道)

 やっかいなのは、このPM2.5は、スモッグなどの原因になっていて、しかもすぐには身体に影響が出ず、7〜8年後に肺癌などの問題として発生してくると言う点です。広州市での研究では、スモッグと増加と肺癌と増加の関係に、数年のタイムラグがあることが分かっています。(『東方早報』報道)スモッグに関して言えば、中国では河北省南部や山西省南部がかなり深刻な状態です。ご存じの通り、石炭が採掘され、鉄鋼や火力発電が盛んで、重工業が集積しているエリアです。1年のうち、300日以上もスモッグが出ていることもあり、中国の中でも極めて大気汚染がひどいエリアだと言われています。

 スモッグでは、もともと珠江エリアが酷かったですが、近年は上海も含めた長江デルタエリアの大気汚染が楽観できません。都市によっては、年間200〜250日もスモッグが観測されることもあるぐらいですから。一方で、広州市の大気汚染が近年改善されてきているのは、隣接している香港からの圧力も関係があり、北京や上海が後れを取っている点は否定できません。中国の大都市の多くは、日本の60〜70年代の大気汚染のような状態を、今初めて体験しており、その結果がどういうことになるのかまだよく分かっていないのもまた事実なのです。歴史から学習できていないことも悲しいわけですが、でも経済の発展なくして国が成長できないとすれば、なんとも遺憾なことですね。

 では、上海に住んでいる我々はどうするべきなのか?

 マスクをしなさい、といってもPM2.5に有効なマスクは、SARSのときに争奪戦となったN95マスクレベルが必要です。となると、せいぜい空気清浄機を使うぐらいしか残念ながら私には思いつきません。それと、休みがとれたら都市圏を脱出して、少しでも空気のいいところに避難するしかないのかもしれません。また、スモッグの出ている時は、極力外での活動は避けましょう。
 タバコも同様にPM2.5の値を高めます。完全禁煙できていないレストランなどには行かないようにしたいところです。分煙程度では全然効果がありません。(中国では田舎にいけば行くほど、タバコを傍若無人に吸う人が急増しますね。)

 本当の意味で持続可能な発展をするためにも、中国は今後ますます大気汚染への規制に力を入れてくるはずです。環境問題とはある意味、もっと大きなマナーの問題です。個人のマナーですらまだまだの中国にとっては、非常に高いハードルだとは思います。
posted by 藤田 康介 at 10:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国の健康事情