2011年06月20日

桑の葉

 我が家のベランダに、桑の木の鉢植えを置いてあります。

 0000-1-57.jpg

 はじめは1本の木の枝が立っている状態で、その後どうなるかと思いましたが、順調に葉っぱも出てきて、いま青々としてきました。

 桑の葉っぱは、生薬でもよく使います。

 代表的な処方では、風邪薬にも使う桑菊飲があり、発熱や頭痛、咳き、喉の痛みで使えます。さらに熱が原因の空咳や喉の乾燥にも効果的です。そのほか、肝陽上亢が原因の頭痛や眩暈(めまい)、頭のだるさなどにも使われ意外と活躍できる生薬だと思います。

 『本草綱目』では、毛が生えてくるという記載もあるのですが、これは本当かどうか。

 最近では、血糖値を下げる作用が注目されています。有効成分にある1-デオキシノジリマイシンの作用は日本でも知られています。肺系の薬草なので、消渇に効くというのはまさにその通りでしょうね。

 0000-2-1.jpg

 我が家では、喉の調子が悪かったりすると、コップにお湯を入れて写真のように飲みます。まあ、あまり美味しいものではありませんが。。。。
posted by 藤田 康介 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 生薬・漢方薬・方剤・中成薬