2011年06月03日

City Bros 2011年6月号 特集「朝上海。」に登場

0000-1-48.jpg 

 先日、上海で発行されている雑誌、お馴染みのCity Brosの編集部の方がインタビューに来られましたが、そのときの記事が掲載されました。特集のテーマは「朝上海。」ということで、中医学で朝を有効に利用できる方法がないのか、編集の方からの依頼でといろいろ考えてみました。編集部は、私が朝型であることを知ってのインタビューかと思うぐらいまさに私にとっては「ドンぴしゃ」のテーマでしたね。

 私は日本の奈良高校にいた頃、すなわち中医学を本格的に志す前からの筋金入りの朝型で、勉強もいつも朝やっておりました。その習慣が、大学に行ってからの研究も、病院で仕事をするようになってからも、ずっと続いており、私にとっては朝の時間が非常に貴重です。そう、今日のブログを書いているのも朝4時です。手(チョキ)

 ただ、人によって体内時計は微妙に違いますし、日中の体力を消耗するバランスも違いますので、一概に朝型をみんなに勧めるというわけではありませんが、時間を有効に使い、朝の空腹感を感じたいという人は、ぜひ朝型を試してみてください。朝、本当にお腹が減り、朝ご飯が美味しくなります。

 City Bros 2011年6月号は、上海の日本料理屋さんなどに置かれているはずですので、この機会にぜひ皆さんご一読ください。
posted by 藤田 康介 at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の活動