2010年07月08日

シコン(紫根)の写真

000-1-2.jpg

 なぜか日本で話題になっているシコン(紫根)のお話の続きです。昨日のお話は、こちらからご覧ください。 

 お約束通り、シコン(紫根・中医学や漢方では紫草・紫草根)をうちの上海鼎瀚(ていかん)クリニックの生薬薬局から分けてもらいました。

 色は、非常に濃い紫。あまり香りはしません。
 ところが、少しお湯に溶かしてみると。。。

000-2-1.jpg

 このように、しっかりと色が出てきます。茶色と紫を混ぜたような感じです。予想通り味は苦くありませんが、まさに生薬の味でした。お湯に溶かしただけででもこれだけ色が出るわけですから、煎じるともっと出てくることでしょう。

 この色からも「血」に効能が入り込むことが分かります。
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生薬・漢方薬・方剤・中成薬