2010年07月06日

上海日本人医師会の会食

 7月9日は、虹橋開発区の日本料理屋「柚」で、上海日本人医師会の会食がありました。今回は、日本国駐上海総領事館の平松医務官の送別会と、新しく着任された糸矢医務官の歓迎会も行いました。幹事の担当は、浦東でお馴染みの浦南医院で、本日は本当にお疲れ様でした。

 思えば、10年以上前だと思いますが、この会は領事館の元医務官だったファミリークリニックの小林先生が当初始められ、日本人の診察に関わっている医師たちの交流の輪は広がっており、今回は最近日本のメディアでも紹介された大阪北野病院のスタッフの方もいらっしゃいました。
 今日も20人以上の先生方が集まり、上海の日本人を取り巻く医療事情について、広く交流を深めました。

 上海で、医療活動を行っているドクターの先生方はそれぞれのご専門でご活躍されており、私も先輩諸氏の先生方からも色々学ばせていただいており、貴重なチャンスでもあります。私の専門は漢方や中医学とはいえ、医療としていま何ができるか日々考える毎日です。
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の活動