2010年03月28日

東京に来ています

20100328.jpg

 日本統合医療学会が主催するシンポジウム「がんへの統合医療からのアプローチ」(東京大学理学部 本郷キャンパス 小柴ホール)に参加させていただきました。

 残念ながら、理事長の渥美先生のお姿はありませんでしたが、各会でご活躍されている先生方のお話を伺って、貴重な勉強をさせていただきました。

 上海からも上海腫瘤病院がんセンター(上海復旦大学付属腫瘤医院)の劉魯明教授も。この病院は、上海でも非常に有名で、私が以前いた竜華病院の近くにあるがんセンターです。上海では双方の病院を利用されている癌の患者さんも多いです。蛇六谷・白花舌蛇草・半枝蓮・白豆蒄・絞股蘭を原料に作られた中成薬の膵臓癌に対する効果と動物実験によるレポートでした。いま、中国ではこうした中成薬の研究が盛んですが、ただ弁証論治を語るのに、同じ組み合わせの生薬をずっと使ってもいいのか?という問題もあり、難しいテーマでもあると思います。

 国際統合医療教育センターの柳沢先生は、「高濃度ビタミンC療法」についてのお話でした。最近、癌治療をされている私の患者さんでも、この療法をされている方が時々いらっしゃり、詳しくお話を伺えてよかったです。最近では、体を元気にしたり、化学療法の効果を高めるなどといった成果も出ているようです。この中で、「癌は創傷治癒効果を担う細胞である」という学説を紹介されていました。すなわち、何らかの理由で損傷された細胞の、修復機能として最後の働きが癌であるというようなお話。80歳以上の高齢者には癌患者が増えなくなるという例から、治療する段階においても、癌細胞がたたくのではなく、これ以上成長する必要のない体内環境を作ってあげ、癌細胞と共存することを考える必要があるというものです。この考え方は、中医学の癌治療の世界では、かなり前から言われています。治療原則ともなる「扶正去邪」の発想も、こうした観点からきているのだとも思います。

 東京女子医科大学の川島先生からは、「ホメオパシー」についてのお話でした。ドイツで生まれたこの治療法は、自然治癒力がある患者さんに対して有効な治療法で、「ある症状で苦しんでいる人に、もし健康である人に与えたときに同じような症状を示すホメオパシー薬(レメディ)を投与する」というものです。興味深いのは、こうしたレメディは非常に高い濃度で希釈して使うという点。中医学や漢方の発想とはすこし違います。医師など有資格者で構成された「日本ホメオパシー医学会」もあり、これからも注目されていく治療法です。

 そのほか、「がん緩和療法」について国立がんセンターの下山先生、「放射線ホルミシス」について健康増進クリニックの水上先生が、お話くださいました。鳥取県にある三朝温泉など、ラジウム泉の人気が高いわけですが、ヨーロッパでもラドンをつかった治療は盛んで、「低線量の長期被爆者は、発ガンリスクが低く、死亡率が少ない」ということを事例を交えながら紹介され、自己治癒力の向上に使えるということでした。

 Gersonがん食事指導を行っておられる西台クリニックの済陽先生のお話で、「人間は草食動物である」というお話は驚きました。唾液アミラーゼ活性が年齢とともに高まるのが人間なのですが、これはネズミや豚などの草食動物に多く、肉食動物は逆に低くなるのだそうです。ただ、お話の中でヒポクラテスが「あなたの食べ物をくすりとしなさい」という発想は、中医学・漢方の未病の考え方ともつながり、現代医学での盲点の一つではないかと思います。結局、腕のいい医者には、病気としてやってくる患者さんがいないという話は、どこの医学でも同じなんです。

 最後の懇親会では、ご自身もがんになられ、25年間再発していないNPO法人いずみの会の中山会長とお話ができました。ストレスや心労が原因でがんになられた後、徹底的な食事療法をされ、いまでもがん患者の支援に力を入れておられます。お話を伺うだけで、パワーをいただけ、「ああ、これが生きる原動力なんだ!」というこを私自身で感じられました。病気を治すのには、医療関係者に頼るだけでなく、自らの力で努力しなければならないという点を強調されておられましたが、ストレスを持たない秘訣として「出来ないことはやらない」ということをおっしゃっていました。確かにそうかもしれません。。。。

 今、日本人の医療に求められているのは、我々1人1人が自分の体についての正しい知識を得て、健康に対してそのありがたさを認識し、それのために努力することなんだということを感じました。そして、医者自身も患者を診る限り、自分自身が健康であることに努力をしなければならないというのも大切です。

 第一線で活躍されている先生方のお話を聞けて、非常に有意義な1日でした。こうした会議に参加できたことを嬉しく思います。
posted by 藤田 康介 at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の活動

2010年03月22日

アトピー治療薬の発がん性問題

 アトピー性皮膚炎の患者さんが一向に減る傾向にならない日本。最近では、上海でも中国人の間に見られるようになっています。

 このアトピー性皮膚炎の治療薬として、日本でもよく使われているプロトピック。中国では、FK506、他克莫司と呼ばれます。内服としてはネフローゼなどの免疫疾患や臓器移植にも使われますし、外用軟膏はステロイドと比較しても副作用の比較的少ない治療薬として重宝されています。私のところに来られる患者さんでも、西洋医学の病院で処方されて数年間塗り続けている方もおられます。確かに、皮膚はきれいになり、かゆみも治まるのです。

 しかし、この手の軟膏の発がん性の可能性は、かねてから指摘されていました。そういった前提のもとで、使用されていると思うのですが、アメリカFDAで、2004年1月〜2009年1月までの5年間に、0歳〜16歳の米国人子どもでプロトピックを使った人15人、日本ではまだ未承認のエリデル(中国名:医立妥)27人、両方を使った4人の計46人で、皮膚がんやリンパ腫、白血病を発症したことを明らかにしました。このうち、4人が死亡したということです。

 長期に使い続けたり、適応対象年齢外の子どもに使ったりしたのが原因だそうですが、ちゃんと医師の指導の元で使うべきでしょう。

 アトピー性皮膚炎の治療は、患者さんによって様々な症状のパターンがあり、さらに生活習慣や環境とも関係があるため、個別にあった治療法が求められると思います。
 私が使っている中医薬や漢方の処方もどれだけ成果があげられるか、日々の挑戦が続いています。
posted by 藤田 康介 at 06:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 中医学と皮膚病

2010年03月21日

私の今年の花粉症対策

 20100321.jpg

 私の場合、20代〜30代にかけて殆ど上海で生活しておりますので、日本のいわゆるスギ花粉症とはほぼ無縁な状態なのですが、でも春先は学会が多く、日本に戻ることが少なくありません。日本に戻った時用に、いろいろ花粉症対策を考えております。

 私は子どもの頃は全く花粉症はありませんでしたが、30代に入ってからひどくなってきました。日本に戻ると、関西空港の連絡橋を渡る時から、主な症状は、鼻づまり、鼻水、くしゃみが出てきます。たまに眼が痒くなってくることもあります。奈良の実家に戻ると、全面発症になります。

 というわけで、春先に日本に戻るときには、私も自分自身で様々な中医薬を処方しております。出張で移動することが多いので、煎じ薬は何かと不便ですので、前回の日本帰国時は錠剤を処方してみました。

 鼻づまりに効くと言われる生薬は色々あります。モクレンやコブシの蕾の辛夷、白芷(ヨロイクサ)、蒼耳子(ソウジシ)なんかがそうです。これら生薬は、副鼻腔炎、蓄膿症などにもよく使われ、中医学の耳鼻咽喉科ではよく登場します。

 上海で売られている錠剤や顆粒では、辛芩顆粒が代表選手です。成分は、細辛・黄芩・蒼耳子・白芷・防風・菖蒲・白朮・桂枝・黄耆・荊芥です。鼻水が出やすい人、くしゃみが出やすい人、特に透明な鼻水の場合はお勧めです。黄色い鼻水は適応症ではありません。

 あと私の場合は藿(カク)胆丸を組み合わせています。藿(カク)香と豚胆粉が主成分です。こちらはどちらかというと、ねっとりとした鼻水の場合に使います。暑がりの熱系の場合で、胆経に熱が貯まっている場合が適応症です。

 そのほか、鼻詰まり時の応急処置用として、鼻淵膏(鼻淵とは中医学では副鼻腔炎、蓄膿症のことを指します)、鼻炎貼を使います。寝る前に、ツボに鼻炎貼をはると鼻の通りは良くなります。

 これで、今年の3月中旬の日本行きは乗り切れました。今年は、3月下旬にもまた日本に飛びますので、私の鼻炎セットをもって行こうと思っております。

 いずれの薬も、根本的な治療ではなく、症状を緩和するためのものですので、長期の服用はお勧めしませんので、ご注意ください。中国におられる方は、かかりつけの先生とご相談ください。

 花粉症には、やはり日ごろの体質改善も大切です。運動・ストレス・食生活がキーワードです。特に、食生活が乱れている人、肥満体質の人はそのあたりから調節していきましょう。太っている人は、水の代謝がよくなく、痰湿が発生しやすい体質のことが多いですので、鼻炎の症状が発生しやすくなります。
posted by 藤田 康介 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 生薬・漢方薬・方剤・中成薬

2010年03月20日

中国南方エリアでこれから新型インフルエンザに注意を

 2010年3月7日現在、中国では全国で12万例の新型インフルエンザ患者が累積数として発表されていますが、インフルエンザ検査キットを使っていない患者さんはもっといるため、実際の数はこれ以上であるのは明白です。死亡例は796例、重症例は8320例となっています。

 ただ、2009年12月中旬に死亡例と重症例のピークを迎えてから、その数は減り続けており、今のところ患者数の増大は報告されていませんが、臨床で診ている限り、最近、発熱を訴える患者さんがまた増えてきているように思います。

 中国疾病予防コントロールセンターでも、新型インフルエンザの夏の中国南方エリアでの流行に注意するように呼びかけています。WHOもH1N1型インフルエンザは、今後も長期的に流行する可能性があり、春・冬はなにかと厄介です。
posted by 藤田 康介 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝染病と闘う

2010年03月08日

後ろ向き歩行健康法

20100308.jpg

 中国人の健康方法で、日本であまり見かけないものが本当にいろいろあります。朝から公園などで運動している彼らの姿を観察するのはこれまた楽しい。中医学の気功などをやっている人もおれば、太極拳にいそしむ人も。

 その中で、以前からよく見かけるのが、後ろ向きに歩いている人です。いろいろその効能が言われていますが、やっている人に聞いてみると、「いつもと違う動きをするから健康にいいのだよ」とかいう答えが返ってきます。確かにそうでしょう。

 後ろ向き歩きは、1日300歩前後すればいいといわれています。
 多少後ろを振り向いて歩かないと危ないので、そうすると、必然的に背筋や背筋が伸びるのです。とくに、ディスクワークが多く、背中の痛みや腰痛を持っている人には、意外とお勧めな運動方法です。また猫背の予防にもなるので、子供などが遊びなどで後ろ向きに歩くことを取り入れるのもいいかもしれません。

 さらに、前向きに歩くことと比較すると、後ろ向きでは激しい動作ができませんから、必然的にゆっくりな動きになり、激しい運動ができない虚弱体質の人や、心臓病・高血圧の人にとってもお勧めということになります。

 後ろ向きに歩くことは、体の平衡バランスを保つことも結構難しく、協調運動を制御する小脳の働きも活発にすることができます。また、膝周りの筋肉・じん帯を鍛えることもできます。とくに、かかとから着地するので、これもいつもの歩行とは違います。

 というわけで、私も後ろ向き歩行健康法にトライしています。ただ、上海は車や人が多いので安全に十分ご注意ください。
posted by 藤田 康介 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 「治未病」という発想

2010年03月06日

ワレモコウ(地楡・チユ)

 20100306.jpg

 今日はあいにくの雨の上海でしたが、スーパーにいくと、珍しい薬草を見つけたので、思わず買ってしまいました。薬草といっても、中医学や漢方の世界ではよく使うのですが、まさかスーパーに売っているとは。。。

 今日見つけたのはワレモコウで、生薬名では地楡といいます。日本でも道草に生えていることがあります。臨床では一般に15g〜30gの量で使います。ヨーロッパではハーブとしても使われ、紫色の特徴的は花を咲かせます。生で食べても、すこし苦いぐらいで、食べられない味ではありません。

 中医・漢方での効能は、涼血・止血、解毒などがあります。止血でよく使われ、喀血や赤痢(血痢)、血尿、鼻血、月経過多、痔による出血にも使えます。これらの出血に共通しているのは、色の鮮やかな血です。しかも、どちらかというと下焦(下半身)の出血に効果があります。

 そのほか、解毒瀉熱作用としては、湿疹やアトピー性皮膚炎などで、特に皮膚の赤みが強く、浸出液が多い場合などによく使います。この場合は、外用でも使います。隋〜唐代に孫思邈(ソンシバク)によって書かれた『備急千金要方』に、子どもの湿疹を治す処方として、外用の地楡が紹介されていました。現在では、苦参と地楡を煮詰めてそのエキスをガーゼにしみこませて、患部に貼る方法もあります。

 地楡はさらに面積が小さいやけどの治療にも使います。(やけどの面積が広い場合は使えません)ごま油に地楡の粉を混ぜ、患部に塗ると浸出液を減らし、患部の痛みを和らげることができます。いずれも昔の人たちの経験です。

 さて、我が家でもこの地楡を料理に使おうと思っていますが、味を確かめていると確かにサラダにあいそう。香菜と混ぜてもいいと思います。いざ、医食同源!!
posted by 藤田 康介 at 18:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 生薬・漢方薬・方剤・中成薬

中国海南島産農薬ササゲの問題とその背景

 あれだけ農薬問題が騒がれても、相変わらず出てくる農薬に汚染された野菜の問題。今年に入って、中国で賑わしているのが、武漢・上海・鄭州・合肥・杭州・広州などで検出された中国海南島産ササゲの農薬問題です。すでに、中国市内11の大都市で流通してしまったことがわかっています。

 ササゲは、中華料理でもよく使いますし、日本にも平安時代に伝わり、赤飯などの豆に使われることもあります。マメのサヤごと、野菜炒めにして食べることもあります。

 今回、ササゲに使われた農薬は、中国でも使用禁止されている殺虫剤イソカルボホス(isocarbophos)です。かなり高濃度で検出されました。

 海南省当局では、2月26日現在、問題の原因究明と対策の強化を表明していますが、この問題はかなり根が深そうです。

 データによると、海南島で生産されるササゲは、年間40万トン。今年に入ってすでに20万トンが出荷されました。このうち、陵水県英洲鎮、三亜市崖城鎮で生産されたものに問題がありました。

 では、なぜ禁止されている高濃度のイソカルボホスがササゲから検出されたのか?当局の分析では、農家が勝手にこれら農薬を手に入れて、散布したとし、さらにササゲのように発育が早い野菜に対して、農薬が十分に発散しないうちに収穫してしまったため、高濃度のイソカルボホスが検出されたと考えられています。

 さらに、海南島エリアでは、農薬の検出技術が後れていて、設備も十分ではないということです。特に、簡易検出キットでは、農薬濃度の程度まで検出することができないほか、残留農薬濃度ませ検出できる機械が海南島には1台しかないという報道も出されていました。大量の農産物を生産している海南島なのに、あまりにもお粗末だったようです。

 広東省江門で、同じく海南島産の節瓜(小冬瓜)でも、高濃度のイソカルボホスが検出され、大きな問題となりました。

 広州の『羊城晩報』の報道には、農民のコメントが紹介されていましたが、現在、中国の農民に普遍的に言えることとして、農業業界の混乱と、農薬使用に関する技術トレーニングが根本的に不足しているとしています。 確かに、我が家のアイさん(家政婦さん)のように文字も読めない農民が多いことからも、想像に難くありません。

 さらに、高濃度の農薬が手軽に買えてしまう状態も、相変わらず続いていると証言しています。また、作物が被害にあっても、それが病気によるものか、害虫によるものか区別できない人が多く、とにかく毒性の強い農薬を使ってしまえ、と判断している農民が少なくないようです。病院で高価な抗生物質を使えば、なんでも効くと信じている中国人が多いのとよく似た発想ですね。

 では、消費者はそうした農薬の状況を知るよしもありません。広州市当局が、野菜に対しての農薬を除去する方法を紹介してました。

1.野菜を水で数回しっかりと洗う。
2.水の中に30〜60分浸ける。
3.熱湯をかける。
4.料理に使う。

 といったプロセスを踏めば、95%以上の残留農薬は除去できるので、市民にも実行するように勧めていました。安全は提供されるものではなく、自分たちで努力して手に入れなければならないのが中国では常識ですよね。

 いろいろ生きるための知恵がつきます。
posted by 藤田 康介 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国での食の安全を考える

2010年03月05日

今日は午前様でした

 GクリニックのA先生とS先生の本帰国が決まり、今日はその送別会ということで上海日本人医師会が、虹橋の日本料理店銀平でありました。
 銀平といえば、大阪や和歌山にも店があるそうで、鯛飯で有名です。美味しい日本料理をつつきながらの和やかな会となりました。

 日頃、なかなか西洋医師の日本人の先生方と交流することがないだけに、我々中医をしているものからしても貴重な機会です。今、西洋医の先生方も非常に中医学に関心をもっていただき、とくに、せっかく中国におられるチャンスを利用して勉強されている方も少なくありません。うれしい限りです。  

 まもなく、浦東で開業される小児科のT先生。そのバイタリティーには敬服します。開業のオープニングを楽しみにしております。

 話に花が咲いて、結局2次会まで飲みに行き、家に戻ったのは午前様。まあ、たまにはいいでしょう。

 明日から、私もがんばるぞ!
posted by 藤田 康介 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の活動

2010年03月03日

タバコの3次喫煙の害はかなり頑固

 学生時代、日本で家庭のハウスクリーニングのアルバイトを数年間したことがあり、多少掃除の知識があります。

 この中で、大変だったのが中華系の人が住んでいた家の換気扇の掃除と、タバコを吸っていた人が住んでいた家の掃除でした。とにかく、タバコのヤニがすごい。
 実は、こうした体や髪の毛についたタバコの残留成分が、体に有害であるという研究結果がローレンス・バークレー国立研究所(Berkeley Lab)から紹介されていました。特に、子どもに対しての悪影響が大きいということです。

 人が吸っているタバコの煙を吸い込むいわゆる受動喫煙の有害性について、かなり前から認識されるようになりました。しかし、この煙が衣類や壁(とくにクロスなんかすごい!)、ソフアー、絨毯、カーテン、さらに髪の毛や皮膚などにもくっつき、大気中に含まれている亜硝酸と混合されると、亜硝酸アミン類(TSNAs)が形成されます。

 厄介なのは、この亜硝酸アミン類は、しっかりと付着してしまうと数週間から数ヶ月はとれないということ。タバコのヤニをみたら、容易に想像できますよね。特に、我が家も小さい子どもがいるのでよくわかりますが、手で壁を触ったり、床をハイハイしたりすることが多いわけで、そうした汚染物質に接するチャンスも非常に高くなります。

 こうしたタバコの有害物質に触れていると、子どもの認知能力に影響を及ぼすほか、読解力にも問題が出てくるともいわれています。

 タバコやその煙だけでなく、タバコを吸っている人そのものが周囲に悪影響を及ぼすと言われる日が来るかもしれません。
 ただ、上海ではまだまだタバコの有害性に対する認識が低いので、ほぼ毎日どこかで受動喫煙をさせられている今日この頃です。90歳の上海の某有名な中医の教授も、超ヘビースモーカーで有名ですし。
posted by 藤田 康介 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 「治未病」という発想