2018年03月30日

上海料理の春食材〜草頭(ニセウマゴヤシ)、ダイエットに使えるかも?!

IMG_2915.jpg
(上海奉賢区にて)
 地元奈良ではまさにいまが桜満開、上海では桜が散り始め、菜の花が満開です。
 さて、上海料理のなかで、春を感じる食材は色々ありますが、最近食べた食材のなかで、春を代表する定番ものをいくつかご紹介します。薬膳などを研究されている方は是非参考にどうぞ。

 今回は草頭です。

IMG_2914 (1).jpg
(上海奉賢区で撮影、三つ葉の野草です)

 春の畑の畦などでよく見かける草頭は、金花草とも呼びます。中医学ではむしろこちらの名前の方が有名かも。実は日本にもよくにたものがあるし、私も田んぼの畦などで見たことがあるのですが、どうやら牛や馬の餌になることが多いようです。日本での呼び名は草頭の学名のMedicago hispida Gaertnから判断するにニセウマゴヤシと呼ばれるものが正解になります。

 上海でも結構畑の畦などに生えています。先日、上海奉賢区の郊外をドライブしたときも、簡単に見つけることができました。地元の人たちが、畑にでては、ついでにこうした野草を収穫して家で食べて居るのも納得できます。

 金花草は、陶弘景(456-536)の『名医別録』にも 「苜蓿」として登場する上品の薬草でもあり、「味苦、平、無毒、主安中、利人、可久食」とあり、性質も穏やかで、胃潰瘍など胃腸の調子を整えるもとして取りあげられています。最近の動物実験では、ダイエットにも良いとされ、肥満ラットモデルの減量やコレステロールや中性脂肪が有意義に減ったという実験データも出ています。メタボ対策にも使えそうな野菜ですね。

IMG_2888.jpg
(なかなかワイルドな感じになります)

 上海では、白酒を効かせながら、草頭を炒めますし、お肉と一緒に炒めても美味しいですし、貝や魚にもあいます。大きく成長してしまった草頭は筋が硬くて食べにくいのですが、3月のこの時期の草頭はちょうどいい柔らかさで食べやすいです。ぜひ一度どうぞ!

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 中医学の薬膳・医食同源の世界

2018年03月24日

2017年冬の上海でのインフルエンザ、2018年度の中医治療ガイドライン(抜粋)

IMG_2838 (1).jpg 
 日本で猛威を振るったインフルエンザでしたが、2017年冬〜2018年春にかけての上海でも大流行しました。上海市疾病予防コントロールセンターなどからの情報を整理すると、2017年12月頃をピークにB型山形系統が流行し、ピーク時は患者全体の80%を占め、その後A型H1N1が流行、2月に入ってB型、A型が同じぐらいの割合になったということでした。3月になって、今は比較的落ち着いています。

 上海市でB型インフルエンザが流行したの3年以上前、A型H1N1型が流行したのが2年前のことで、とくにB型に関しては一般市民の抗体が下がっていたのが流行の原因とも考えられます。ちなみに、2016年〜2017年に上海で流行したインフルエンザはA型H3N2型でした。

 ということで、今年はA型もB型にも2回しっかりと感染したという患者さんが少なくありませんでした。とくにA型H1N1型は症状が結構強く、感染力が強いので、辛かったという声をよく聞きました。

 この冬は中国全土でもインフルエンザが流行し、過去3年のなかでも患者数は最も多かったと報道されていました。インフルエンザの予防といえば、日本でもワクチンが知られていますが、なかなか中国国内でのインフルエンザワクチン接種事情はよく分かっていません。ただ、毎年3000万人分のワクチンは出荷されているそうですので、人口から計算するとインフルエンザワクチン摂取率は2%ほどと言われています。都市部と農村部では事情も異なりますし、なかなか複雑。

 そのなかでも、興味深いと思ったのはマスコミにも報道された次の研究。

 2016年に江蘇省濱海県の幼稚園や託児所におけるインフルエンザワクチンの接種率は12.87%と出ていましたが、内訳をみると特に私立幼稚園のほうが公立幼稚園より接種率が高く、農村戸籍のほうが都市戸籍よりも高く、収入が高くなればなるほど接種率が逆に下がるのだそうです。この傾向について、農村戸籍の親のほうが、学歴が相対的に高いと思われる都市戸籍よりも医師のアドバイスをよく聞き、都市戸籍の親はインフルエンザワクチンに対しての知識を持っているものの、知っている知識そのものに誤解点が多いからではないか、と考えられています。上海で生活していても、中国人社会のなかで、とくに富裕層になればなるほど健康に関する「都市伝説」が非常に多いのもまた事実で、自分から正しい知識をどう獲得するかというのは永遠のテーマでしょう。

 さて、中国で中医学を管轄する国家中医薬管理局も、最新版の中医学によるインフルエンザ治療のガイドライン2018年版を発表しました。インフルエンザに関しては、2009年と2011年にも中医学治療のガイドラインを出していて、今回はそれらが基礎になっています。このうち、中医学の治療に関する概要は以下の通りです。

1.軽症:風熱犯衛気・・・疏風解表・清熱解毒   銀杏散+桑菊飲加減
     金銀花15 連翹15 桑葉10 菊花10 桔梗10 牛蒡子15 
     竹葉6 芦根30 薄荷3 生甘草3
     加減:舌厚膩ー藿香10・佩蘭10 咳が重いー杏仁10 炙枇把葉10
        腹瀉ー黄連6 木香3 咽頭痛ー錦灯篭9 嘔吐ー黄連6 蘇葉10

     熱毒襲肺・・・清熱解毒・宣肺止咳   麻杏石甘湯加減
     炙麻黄5 杏仁10 生石膏(先)35 知母10 浙貝母10 桔梗10
     黄芩15 柴胡15 生甘草10
     加減:便秘ー生大黄(後)6  継続する高熱ー青蒿15 丹皮10


2.重症:毒熱壅肺・・・解毒清熱・瀉肺活絡    宣白承気湯加減
     炙麻黄6 生石膏(先)45 杏仁9 知母10 魚腥草15 亭歴子10
     黄芩10 浙貝母10 生大黄(後)6 青蒿15 赤芍10 生甘草3
     加減:高熱が続くー羚羊角0.6、安宮牛黄丸1錠 
        腹脹便秘ー枳実9 元明粉6 喘促と出汗ー西洋参10 五味子6

     毒熱内陥、内閉外脱         参附湯加減
     生晒参15 炮附子10 黄連6 金銀花20 生大黄6 青蒿15 山茱萸15
     枳実10
    

3.回復期:気陰両虚、正気未復         沙参麦門冬湯加減
     沙参15 麦門冬15 五味子10 浙貝母10 杏仁10 青蒿10 炙枇把葉10
     焦三仙10 

(以上、流行性感冒診療方案 2018年版より抜粋)

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

 

 
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝染病と闘う

2018年03月16日

トリプルネガティブ(TNBC)乳癌患者に対する中医学の研究

IMG_2595.jpg

 上海復旦大学附属腫瘤病院が発表した2008年〜2016年までの8年間の中国での乳癌生存率報告によると、原発性乳癌の5年間生存率は97.9%、またステージU〜Vでの5年間生存率はそれぞれ75%、61%ということでした。また、発病年齢の平均は45歳で、欧米よりも10歳程度若いのが特徴となっていました。 

 さて、乳癌の中でも、ホルモン受容体のERとPgRが共に陰性で、HER−2受容体も陰性である、いわゆるトリプルネガティブ(TNBC)タイプの乳癌は、乳癌全体の2割ほどを占め、3年以内の再発リスクが高く、乳癌の中でも治療法がまだまだ十分とは言えません。世界各国で研究が進められていて、中国でも中医学を活用した研究が行われています。

 中国でも中医学を活用したTNBC治療に関する色々な論文が発表されています。2013年に発表された少し古い研究ですが、中国中医科学院広安門医院腫瘤科の廬医師らのグループでは、101例のTNBC治療患者(ステージU〜W)を、中薬+西洋医薬と西洋医薬だけのグループに分け、西洋医学だけのグループはアメリカのガイドライン(NCCNによるTACもしくはAC-weekly T)に従って治療、中医学のグループは気滞血瘀・脾虚痰湿・肝腎陰虚・気血虚弱に分け、それぞれ逍遥散+理沖湯、六君子湯+三仁湯、一貫煎、当帰補血湯+陽和湯に分けて6ヶ月以上服用してもらうという方針。また、3年以内の再発リスクが高いので、3年後のPFS(無憎悪生存期間)及び痺れや抗癌剤による記憶力の低下や認知功能の低下などの脳への影響も調べました。その結果、3年FPSはカプランマイヤー曲線による分析で、中薬+西洋医薬のグループのほうが、西洋医学のグループよりも優勢で(P<0.05)で、痺れや脳への影響も中医薬服薬1ヶ月後で改善しており(P<0.05)、中医薬+西洋医学グループに一定の優位性が示されたとしています。今後、さらに多くの症例でどういう結果が出てくるのか研究成果が待たれます。

  もちろん、抗癌治療における様々な副作用対策に関する中医学の文献は、中国でも比較的多く出ています。たとえば化学療法における嘔吐やムカつきに関しては益気健脾・芳香醒脾、骨髄抑制に関しては益腎養血、四肢の痺れに関しては活血通絡や醒脳開竅を使います。西洋医学と中医学の双方を合理的に使うことのメリットはとても大きいと思います。
 
  私自身、TNBCの患者さんたちと接して特に気がついたのは、やはり精神的ダメージの大きさです。日々、心配と不安と恐怖感を抱え、QOLさえも影響を受けてしまっているケースもありました。もともと中医学では月経前症候群や更年期障害における様々な精神的苦痛に対して色々な治療法がありますが、こうした癌患者さんにも一定の心理的な安定感をもたらすことは可能ですし、中国でも色々な取り組みが行われています。

 中医学では、伝統的に乳頭が肝経、乳房が胃経に属すると考え、特に肝経との関わりが強いと考えます。特に、「肝気が虚なら恐、実なら怒」と考え、肝気の疏泄調達は非常に大切です。心理的要素と病気の発展には深い関係があると考え、気血が人体生命活動の根本と考えるのなら、気血の流れの停滞は、特に乳癌発生の重要なメカニズムで、それが情志の失調と密接に関わりがあることになります。従って、中医薬を使って、恐・怒・思・悲などの情緒のコントロールを行うことは、中医学や漢方医学でも得意分野であり、様々な生薬が活用されます。特に、疏肝解鬱法は中医学治療の特徴の一つと言えるのではないでしょうか。

 まだまだ中国の中医学では色々な研究が進められています。

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 脈案考察

2018年03月09日

上海市科学技術奨励大会で中医学(中国伝統医学)関係がまさかの3項目で1等奨

IMG_2885 (1).jpg 
(上海にて)
 2018年3月23日に上海市科学技術奨励大会が開催され、2017年度に上海市で大きな功績のあった研究プロジェクトに関して、表彰が行われました。西洋医学や中医学に関係なく、科学技術全体に関する成果の表彰であり、いま上海でどういう最先端の研究が行われているかを垣間見ることができます。

 2017年度の受賞は272項目、このうち21項目は自然科学奨、31項目は科学技術発明奨、216項目が科学技術進歩奨となり、このうち上海中医薬大学が行った中医学に関係する研究テーマ3項目が1等奨を受賞しました。一度に1つの中医大学から3項目というのはかなり異例ですし、過去に例がなかったと思います。また、上海中医薬大学以外では、5項目で3等奨を受賞しています。ではどういう研究テーマだったか、いずれ詳しく紹介しますが、今回はまず簡単に見ておきます。

 まず、中医整形外科の専門家、王擁軍教授らのグループが研究した「腎精虧虚型慢性病の共通する治療・予防規則と応用の普及」で、腎精虧虚型慢性病の病因病機、臨床証型、病理変化など共通した変化規則を捉え、補腎填精法による治療から、その科学的なメカニズムを解析した研究となっています。

 また、中医鍼灸科の専門家、呉焕淦教授らの研究グループが研究した「灸法による免疫機制におる作用と臨床特色技術の応用」に関しては、艾灸による温補補腎・調和陰陽の治療観点から、艾灸温脾補腎・蠲痺通絡・調和陰陽の治療方法をベースに、関節リウマチ(RA)の治療など特色ある治療法を提案しました。特に、艾灸を活用した温脾補腎理論は新しい考え方として注目されています。

 上海中医薬大学の基礎医学院、中医診断学研究室の何建成教授らのグループが研究した「複雑性科学理論に基づいた鬱血心不全(CHF)の中医弁証系列研究と応用」では、まず病証結合を原則からCHFの中医症候の動態変化理論体系と中医症候の計量化診断基準を定めました。さらに、西洋医学の遺伝子・タンパク質・心筋のエネルギー代謝などの多方面から考察し、CHFの中医症候の科学的な内面を示し、「舌体液の変化」という従来無かった中医症候の新しい診断指標を示しました。さらに、CHF治療のための複方心複康口服液を開発し、益気養陰タイプの心不全に対して、広く臨床で使われるようになりました。

 このように、中国の中医学は、年々新しいテーマを捉え、様々な研究成果を出してきています。積み上げられた中医学の伝統的な経験を、現代の研究手段でさらに磨きをかけたものにする試みが、今まさに行われているのです。

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中医学の魅力

2018年02月21日

大和当帰と大和肉鶏と大和生姜の組合せ〜当帰鶏肉湯という中国料理方式での食べ方と乳管開通

IMG_1479.jpg

  奈良県の美味しい特産物がなかなか見つからない、食べ物に関しては「地味」だとよく言われるのですが、実は奈良県では美味しいものが沢山収穫されます。 

IMG_1649 (1).jpg

 詳しいことは奈良県特産品振興協会のサイトを見ていただくとして、今回は奈良県人の1人として、ぜひお薦めしたいのが、奈良の食材を使った当帰鶏肉湯という食べ方です。もし当帰の根っこが手には入ったら是非お薦めです。もちろん、当帰の葉っぱでも使いますが、中国では葉っぱはまず食べません。

IMG_1642 (1).jpg

 上海に20年以上暮らしていると、上海人の鶏肉好きはかなりのもので、結婚式などめでたいことがあれば鶏はとく登場します。中国では鶏肉というと野山で走っている地鶏一羽全体を調理するのが最高の贅沢の一つなのですが、実は奈良県もかつては家々で鶏を飼っていました。特に、「大和かしわ」は大正から昭和にかけて近畿圏ではかなり有名なブランドでもあり、京都のかしわ料理でも使われていました。ところがブロイダーが増え「大和かしわ」は一時衰退、それが1970年代から復活に向けて研究が進められ、「大和肉鶏」が生まれました。

IMG_2521.jpg

 「大和肉鶏」には、軍鶏(しゃも)の血統が入っています。そのため、かなり気性の荒い地鶏だそうですが、それがしっかりした歯ごたえを作り出しているのかもしれません。中国でもブロイダーよりも地鶏が好まれるのが、やはりこの肉の歯ごたえの違いです。鶏湯(鶏肉のスープ)にすると、その違いがはっきりと分かると思います。

IMG_1644 (1).jpg

 ちなみに、中国伝統医学(中医学)でも鶏は、甘温性質なので、虚弱体質や栄養不良、病後の回復、食欲不振、下痢に使いますが、もう一つ大事な功能に産後の母乳不足にも食べられます。
 有名な組合せに、当帰鶏肉湯というのがあります。実は、これ、我が家では大和当帰が手に入ったときの定番料理です。当帰は葉っぱよりも根っこの方が甘みがあり、スープにいれると美味しいのです。我が家では、鍋の定番です。そこに、味付けとして橿原市も栽培に頑張っている小ぶりな大和生姜のスライスがあればベストですが、大和地元の野菜なども組み合わせると、薬膳なんか難しいこと言わなくても美味しい鍋料理が出来てしまうわけです。これぞ奈良の今井町でも広まって欲しい食べ方です。

  当帰は皆さんも聞いたことあるのではないでしょうか?当帰芍薬湯を日本の漢方の婦人科で処方され、何ヶ月も服用していたという患者さんの話はよく聞きますが、その中にも当帰が入っています。当帰については、大和当帰と大和生姜、もっと活用出来ないだろうか?でも触れています。

 これに関しては、中国で興味深い論文が発表されています。2017年7月の『中国当代医薬』という雑誌に発表されたものですが、産後直後の乳管開通前に、乳房が腫れたり硬結ができたり、乳汁が十分に出なかったりすることがあり、甚だしい場合は、悪寒発熱や急性化膿性乳腺炎になったりしてしまい、お母さんにとってもかなり厳しい状態になってしまいます。

 そこで深セン市南山区婦幼保健院の張医師らのグループは、乳管開通前の乳房の腫れや痛み、硬結があるお母さん400人を200人ずつに分け、当帰頭50g、500gの鶏肉一羽に水1000CC加え、2時間ぐらい800CCになるまで煮込み、上澄みの油を取り除き、生姜と塩を入れて味を調え、1回200CCを1日3〜4回飲むという方法を痛みが解消するまで飲ませました。双方のグループとも乳房のマッサージは同様の方法で受けます。その結果、乳房の張りの解消は、当帰鶏肉湯を飲んだほうが有意義に早く解消し、硬結や痛みの程度も有意義に軽く済み、完全母乳率も有意義に上がったという結果になりました。当帰鶏肉湯もなかなか産後のお母さんには有用のようです。

  鶏湯(鶏スープ)や、鶏粥なんかは定番でしょうが、鶏そのものの本来の味を楽しむのなら、私は中国南方エリアでよく食べられる白切鶏が一番ではないかと思います。

IMG_5341.jpg

  これは、鶏を熱湯のなかでぐつぐつ煮て火を通した後、醤油・生姜・ゴマ油などのタレで頂くという極めてシンプルな料理。鶏肉の味をダイレクトに楽しむことができる食べ方で、上海地元のソウルフードの一つだと思います。

 せっかく絶品の大和肉鶏が食べられる奈良県で、唐揚げにして食べてしまうのはどう考えても勿体ない。鶏一羽をキレイに食べてしまえる食べ方を、ぜひ研究していきたいものですね。

 参考情報:奈良発の食文化

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中医学の薬膳・医食同源の世界

2018年01月24日

特発性間質性肺炎(IIPS)のうち、特発性肺線維症(IPF)の中医薬治療臨床研究

IMG_1116.jpg
(厳寒のハルビンにて)
 特発性肺線維症(IPF)は、原因がはっきりと分かっていない進行性の疾患です。病理学的には間質性肺炎の組織学的な特徴を持ち、胸部CTは蜂巣肺に変化し、酸素が取り込みにくくなり、咳や痰以外にも呼吸困難・呼吸不全になることもあり、酸素吸入が必要になります。突発性間質性肺炎(IIPS)の一種で、特に全身の状態が思わしくなく、中国の内科学の教科書では、女性よりも男性に多く5年間生存率が20〜40%と言われています。西洋医学では、ステロイド剤や免疫抑制剤を使うことが一般的ですが、中国ではここに中医薬(漢方薬)を介入させることで、色々な研究が行われています。

 例えば、中国黒竜江省ハルビンにある黒竜江省中医院の副院長である江柏華教授らのグループが、間質性肺炎の中医研究に取り組んでいて、この病院の呼吸器科は、中国国家中医薬管理局の肺病重点学科に指定されています。江柏華教授は、国医大師張h教授の学術継承者の1人で、頑固な咳・間質性肺炎・肺気腫・気管支喘息などの治療を行い、特に痰鬱阻絡型の間質性肺炎には一定の成果を出しています。

 2014年に江柏華教授らのグループで発表された論文「丹貝益肺方による痰瘀阻絡、気陰両虚型の突発性肺繊維化50例の臨床観察」では、50例を不作為に25例の2グループに分け、一方には単味処方エキス剤による丹貝益肺方を服用させ、もう一方にはステロイドのみを服用させて2ヶ月間観察しました。そして呼吸困難・胸部不快感・咳・活動後の体力制限・肺拡散能力試験について調べたところ、何れの項目についても、丹貝益肺方グループの方が有意義に(P<0.05)症状を改善したということでした。ステロイドを使わなくても、中医薬だけで一定の効果が出せているようです。

 中医内科学では、IPFは「肺痿」もしくは「 肺痺」の範疇に入るとされています。病因病機の本は、気陰両虚にあり、標がが痰瘀阻絡となることで、痰濁・瘀血などの病理産物ができると考えます。丹貝益肺方の主な構成生薬は、丹参・平貝(中国東北地方では貝母として使われている)・川芎・桃仁・地龍・黄耆・党参・麦門冬・五味子・補骨脂・桔梗で、化痰活血・益気養陰となっています。

 ところで、今回このテーマを挙げた理由に、中医学による臨床研究の特徴として処方に対する捉え方が、日本の漢方と全く違うことがよく分かります。中国では、基本的に単味の生薬を自由に組み合わせて処方を組み立てていき、そこから有効な処方へ磨いていきます。もちろん、伝統的な処方もありますが、それ以上に、日進月歩の臨床成果を導入して、さらに新しい処方を作っていくわけです。そして、ほぼ固定された処方を再度検証して、このような臨床研究を作ります。もちろん、処方の組合せは中医学の理論に則っていて、それは中医師達の間でほぼ共通の認識として共有できるというのも特徴です。「自分は中医学でも・・・・派だから理解できない」ということはまずありません。そして、今度は処方の西洋医学的な検証が始まります。それが臨床研究であったりするわけですが、その結果、誰でも臨床で活用出来るような治療方法が確立されていくのです。

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脈案考察